生理痛に効き目の強いピルは1相性か3相性か

考えている女性

排卵を止める本来避妊目的のピルが、なぜ生理痛にも効き目があるのか不思議に思う方も多いと思います。

排卵は妊娠のための卵巣の機能ですが、子宮は妊娠の為に子宮内膜を排卵に合わせて育てる働きがあります。
この子宮内膜が育って厚くなったり、剥がれ落ちたりするときに生理痛が起きるのです。

卵巣の中で卵胞が育ち、排卵すると、卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体(排卵後の卵胞の抜け殻)ホルモン「プロゲステロン」が分泌されます。

エストロゲンには子宮内膜を厚くする働きが、プロゲステロンには子宮の内膜をふかふかに保つ働きがあります。
子宮内膜症のように子宮内膜が本来の場所と違うところにある病気では、内膜が厚くなるとその時に生理痛のような痛みが出ます。

子宮内膜症がなくても、ふかふかになった内膜(生理の血の中に入っているもの)が剥がれ落ちる時、子宮が収縮するために生理痛が起きるとされています。
子宮内膜が厚くならなければ生理痛は軽くなるだろうという理論です。

ピルはエストロゲンとプロゲステロンの合剤ですが、人工的なエストロゲンとプロゲステロンは自然の周期より子宮内膜が厚くならず、ピルを服用すると結果として排卵が止まり、生理の量が減り、生理痛も軽くなるという効き目が出てきます。

ピルは中に含まれるエストロゲンとプロゲステロンの量で1相性と3相性に分けられます。
両方が服用期間ずっと同じ量入っているものを1相性、エストロゲンとプロゲステロンの割合に強弱がついているものを3相性と言います。

1相性と3相性はどちらも排卵を止まりますが、内膜がより厚くならないのは1相性です。
つまり、生理痛を軽くする効き目が強いのは1相性のピルです。
医療保険のきくピルも1相性のものです。
プロゲステロンの種類によっても効き目が違ってきます。

もちろん個人差もありますし、トリキュラーのような3相性のほうが自然に近いので、医師と相談の上自分に合ったピルを服用しましょう。

またトリキュラーなどのピルは個人輸入代行業者から通販で購入することが出来ます。
一度医師の診察を受けて病院処方を受け、問題が無ければ通販で今後使う分もまとめ買いするのも良いでしょう。

サイト内検索
最近の投稿
考えている女性

生理痛に効き目の強いピルは1相性か3相性か

2019年07月19日