生理痛を抑えるピルの服用とは

心配している女性

鎮痛剤で対処する事の多い生理痛ですが、長年鎮痛剤を使っていると、痛みが緩和されなくなるケースがあります。
市販の鎮痛剤は耐性がつく事があり、服用しても生理痛が改善されないのです。
このような事になってしまう前に、しっかり生理痛は治療しましょう。

生理痛の治療として、多くのクリニックではピルを処方しています。
ピルといえば避妊薬として定着していますが、最近は生理痛の緩和のために、服用している女性も増えてきました。

生理時に痛みを感じるのは、「プロスタグランジン」というホルモンが関係しています。
排卵が起こると子宮内膜が厚くなるのですが、この子宮内膜の中にプロスタグランジンは分泌されます。
プロスタグランジンは子宮を収縮されるホルモンなので、子宮内膜が厚くなればなる程、プロスタグランジンの量が増え、子宮を収縮する作用が強まる為、生理の時に痛みを感じやすくなるのです。

ピルを服用する事によって女性ホルモンのバランスを変化させ、子宮内膜が厚くなるのを防ぐ効果があります。
子宮内膜が厚くなりにくくなるので、プロスタグランジンの量も少なく、生理痛が起こり難くなるのです。
また、出血量もかなり抑えられるので、月経過多という方にもピルは有効です。

ピルには大きく分けて服用にあたり、2つのタイプがあります。
1つ目は21日間飲み続け7日間は休薬するタイプ、もう1つは21日間ピルを服用し7日間は疑似薬を飲むというタイプです。
どちらのピルも子宮内膜の増殖を抑える効果を持っています。
ピルは1日1錠飲むだけの手軽な薬ですが、気を付けたいのは飲む時間を、なるべく毎日一定にするという事です。

時間がずれてしまうと、排卵を起こしてしまう恐れがあるのです。
ですので、夜寝る前など決まった時間に、毎日服用するようにしましょう。

サイト内検索
最近の投稿