腹痛や膨満感のある生理痛に対処する

生理痛には様々な症状が見られます。
頭痛や腰痛、腹痛や膨満感などです。
それに加えて気分障害になることもあります。
そうした症状を緩和するために鎮痛剤を服用している人は少なくありません。

鎮痛剤により痛みを抑えることができます。
鎮痛剤は服用するタイミングにより、効果が十分に発揮されないこともあります。
痛みの物質は最初は少量から始まり次第に大量に分泌されます。
ですから痛みを感じる初期段階で服用することで、より高い鎮痛効果を得ることができます。
すでにかなり痛くなってからだと、効き目が悪く感じるかもしれません。

また初期段階なら少量で効果があります。
また鎮痛剤には様々な種類があり、体質によってよく効くものとそうでないものがあります。
ですから服用しても痛みが治まらないときは薬を変えてみることも必要です。
また生理痛にはそうした痛み以外にも膨満感が見られることがあります。

東洋医学によると生理痛は胃の働きが落ちることと関係があるとされています。
ですから消化器系の機能が落ちるために、体全体に膨満感が出てきます。
ですから生理中やその前は胃の働きを高めるような食品が必要です。
消化がよく、あっさりしているものを食べることが大切です。
逆に脂っこいものは避けなければいけません。
脂っこい肉などを食べると、すぐに胃腸が反応して腹痛が引き起こされることがあります。

普段は問題がなくても生理中は注意が必要です。
胃腸を保護するためにも体を冷やす飲み物も避ける必要があります。
カフェインの摂り過ぎにも注意しましょう。
食生活に注意を払うことで腹痛はかなり抑えることができます。
さらに生理中は精神状態も非常に重要です。
音楽などを聞いてリラックスすることで気分を良くすることでも生理痛を抑えることができます。

サイト内検索
最近の投稿